赤ちゃんへのキス前に唇の白い腫れにはバルトレックス

赤ちゃんを溺愛するあまりに親から子へと病気がうつってしまうということがあります。母子感染として血液などを介してうつってしまう病気は多く知られていますが、そうでなくとも接触感染によって親から赤ちゃんに感染が広がってしまうことがあるのです。そういったものとしてよく知られているものの一つがヘルペスウイルスであり、口唇ヘルペスがうつってしまうということがしばしばあります。口唇ヘルペスは自覚症状がでないで感染している人も多く、妊娠時に免疫力や体力が低下した結果として生じてしまうということがあります。そういった際には赤ちゃんと母親の接触を避けるようにするといった措置がとられることもあり、母親の口唇ヘルペス治療を優先するという方法が行われる場合もあります。白い腫れが唇にできてしまうというのが最も典型的な症状であり、痛みやかゆみを伴うことになります。バルトレックスの服用によって5日程度で腫れがかさぶたになるというのが一般的な経過であり、10日程度でほぼ症状がなくなります。バルトレックスによって完治ができない場合もしばしばありますが、白い腫れがなくなってしまっていれば大きな支障はなくなります。腫れには多くのヘルペスウイルスがいることから接触感染をより起こりやすくしてしまい、免疫力が小さい赤ちゃんの時期にキスなどをして溺愛してしまうと感染が起こってしまうリスクが高いことは理解しておかなければならないでしょう。たとえ白い腫れがなくなったとしてもキスをしないに越したことはありません。溺愛するからこそキスをしないという決断をすることも大切であり、それが赤ちゃんに感染を広げずに済ませることになり、その将来のためになります。